さて、ここまでに数々のレアな医師募集の求人についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。
聞いたことがあるものから、その存在を全く知らなかったものまで、色々なものがあったと思います。
医師として転職をご検討されているみなさまには、現状の医師としての役割を全う頂きながらも、様々な角度から新しい道を切り開いていっていただければと思っております。

しかし、医師の資格を活かした様々な仕事があることは分かったものの、いずれも単純に転職サイトなどで探せばいいというものではありません。
また、レアな求人だから待遇が良いなど、決してそういったものでもないのです。
そこで、今回はこのようなレアな医師募集求人をみつけ、実際に働く際に気をつけたいポイントについてご紹介をしておきたいと思います。

レアな医師募集案件で気を付けるべき4つのデメリットとは

レアな求人案件の場合、一般的な医師募集案件でないからこそ、ぜひ気を付けておきたい部分というものがあります。

1. 医師不足が関与している案件

一般的にサイト上などで見ないものは“良い求人”と感じてしまうかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。
そのようなレアなものであったとしても、続く医師不足などにより待遇が悪化している場合も少なくはないのです。
折角そういった案件を探していたとしても、実際に見つけた時には、働くことを決意するには難しいような待遇であることもあるのです。

2. 中途採用が多い

このような募集に関しては、基本的に一年に一回募集がかかるというものではなく、あくまでも人が足りなくなってしまった場合にイレギュラー的に募集がかかるケースが大半です。
そのため、長らく探していたとしても、なかなか案件自体に巡りあえないことも多いのです。
待っていると時間がどんどん過ぎてしまうので、一概に待ち続けるというのも選択しづらいところでしょう

3. 年収が下がる可能性がある

レアな求人だからといって、待遇が良いわけではありません。
中には現在の年収から下がるものも少なくはないのです。
そのため、高待遇を狙っているのであれば、一概に待ち続けることは得策とは言えないでしょう。

4. 情報を集めるのが難しい

基本的に、このような案件はサイト上にあまり公開されることはありません。
そのため、仕事を見つけようと思えば、このような仕事を扱っている所と事前に繋がっておく必要があります。
例えば、医師転職ドットコム等の医療業界に精通しているサイトであれば、あらかじめその旨を伝えておくことにより、案件にである可能性もあります。