オーバーブッキングの関係

2016年12月14日 11:43 AM

格安航空券は料金の安さが魅力です。
現在は海外旅行で利用する方も多く、交通費を節約して現地で使用するお金を増やすこともできます。
しかし、海外旅行で格安航空券を利用する際は、オーバーブッキングに注意しなくてはいけません。

オーバーブッキングとは

オーバーブッキングは、チケットを予約したのに飛行機に乗れなくなる現象を指します。
一般の航空チケットはもちろん、ホテルなど予約制の施設を利用する際に起こる現象で、格安航空会社を利用する場合も例外ではありません。
でも、なぜ起こってしまうのでしょうか?

過剰予約が原因

オーバーブッキングの原因とも言われているのが過剰予約です。
格安航空会社などは、キャンセルによる空席率を最小限にするため、実際の座席数よりも予約を多めに取ります。
しかし、キャンセルが起こらないと過剰予約の状態となり、乗れなくなる人が出てくるのです。
例えば100席に対し110席の予約を取ると、キャンセルがなければ10人がオーバーブッキングとなります。
全面的に航空会社の責任となりますが、国際便では希に発生するため、日頃から注意しておかなくてはいけません。

他社便へ振り替え

もしオーバーブッキングが発生した場合、何らかの代替案を航空会社が提示してくれます。
特に多いのが他社のフライトへの振り替えです。
通常格安チケットは不可能ですが、オーバーブッキングの場合のみ対応してもらえます。

別のフライトに変更

また、同社の他のフライトがある場合、そちらに変更してもらえる場合もあります。
同日あるいは翌日のフライトになりますが、もし食費やホテル代が発生した場合などは航空会社が全額負担してくれます。

予約確認を忘れずに

格安航空券に限った話ではありませんが、オーバーブッキングは極力避けなくてはいけません。
旅行などの日程に影響しますので、なるべく予約の再チェック(リコンファーム)をしておきましょう。
オーバーブッキングの防止になります。

≪ 前の記事:
: 次の記事 ≫