医師募集を探しているみなさまの中には“治験責任医師”の仕事を探されている方もいらっしゃるのではないかと思います。
非常にレアなお仕事であることから、基本的にその求人案件を求人サイト上などで見かけることはほとんど皆無であると言ってもいいでしょう。
その理由は簡単で、基本的に医師の選定に関しては、新薬開発を進める製薬メーカーが進めるため、この仕事の募集に医師個人が直接関わること自体がないのです。

つまり、製薬メーカー側から医師が指定されるというケースしかないということになります。
そのため、この仕事を探している医師の方にとっては非常に残念なところではありますが、お持ちのスキル如何によっては大抜擢される可能性も十分にあるということ。
そこで、今回はこの

『治験責任医師』

の業務内容などについて、少しご紹介してみたいと思います。

医師の業務内容

皆さんも既にご存じでしょうが、新薬が一般的な患者さまに提供されるようになるまでには、何よりも厚生労働省の認可が必要となります。
認可が下りるまでには、開発があり、次いで臨床試験があります。

この臨床試験や、そもそもの薬剤開発を行うために、責任を負う医師が必要であり、その役割を担う人材を治験責任医師と呼びます。
一切の業務や計画の実施等に関する責任を負うため、基本的には臨床試験の計画全般を見るべきポジションとなります。

臨床試験に関する計画の確認や、対象となる患者さまに対しての説明文書作成、治験分担医師及び協力者をおく場合のリスト作成、IRBに関する作業も業務内容となります。
また、検査の実施、データの管理、副作用が出た場合への対処など、言葉の通り非常に強い責任を任される、重要な業務と言えるでしょう。

治験責任医師に向いている人とは

ただ、責任の重さに負けず強いやりがいを感じられる事も確かな魅力です。
臨床計画そのものに関わるスタッフの数は多く、それぞれにレクチャーや指導なども行わなければいけない治験責任医師ですが、チームワークを発揮させ、計画を計画通りに遂行することを任される立場というのは、非常に高いマネジメントスキルを必要とし、あなた自身の魅力やスキルを高めることになるでしょう。

そもそも、この仕事に就くにあたり多くの経験や高いコミュニケーション能力なども求められますが、だからこそやりがいも一塩であると言えます。
入る時から非常に高いスキルを求められる仕事ではありますが、あなた自身が社会に強く貢献したいと願っているのであれば、このような働き方を選択することも可能です。