賢い選び方

2016年12月14日 11:44 AM

格安航空券はLCCを始め、様々な航空会社が販売しています。
料金が安く、往復で利用すると旅費の大きな節約に繋がります。
しかし、選び方があるのをご存じでしょうか。
料金だけで選ぶと、後で後悔してしまう可能性もあります。
ぜひ選び方を確認しておきましょう。

制約はどのくらい?

格安航空券は料金が安い一方、チケットに様々な制約が設けられています。
一般的に制約が多い航空券ほど料金も安くなっている反面、利用できるサービスなどに大きな制限があります。
どの程度制約があるか確認し、納得した上で購入しましょう。

キャンセルの有無

また、チケット代が格安である一方、キャンセルができない場合も珍しくありません。
もしキャンセルが発生しそうな場合、可能かどうかの確認はもちろん、少しでも損を防ぐためにキャンセル時の手数料も確認しておきましょう。

購入期限をチェック

格安航空チケットは購入期限が設けられています。
フライトの何日前まで、と決められていることが多く、その期限を過ぎると購入できないことがあるのです。
直前まで買える場合もありますが、割引率や料金にも影響しますので、期限を必ずチェックしておきましょう。

手数料も確認しておこう

購入時には手数料がかかることもあります。
手数料は購入場所・購入方法によって異なる場合が多く、航空会社によっては数千円ほど請求されるケースもあるのです。
逆に手数料が無料あるいは数百円程度で済む方法もあります。
チケットを予約後に気が付く場合もありますので、なるべく先にチェックしておきましょう。
もしチケット代が高いと感じたら、手数料が高くなっている可能性があります。

予約する前に確認を

格安航空券は非常に安い値段で航空機を利用できるのが魅力です。
しかし、購入前にチェックするべき項目は多くありますので、忘れずに確認しておきましょう。
キャンセルなどの制約があるため、購入後では無く、購入前にチェックすることをおすすめします。