今回は医師募集に関する、幾つかの特殊な求人をご紹介したいと思うのですが、中でもひときわレアと言えるものを一つ挙げるとすれば、

『船医』

という働き方があります。
今回は、船の上で活躍する船医の仕事などについてご紹介していきます。

船医とはどのような業務内容を遂行する仕事なのか

あまり船に乗る機会のない方にとっては、それほど具体的なイメージも湧かないかもしれませんね。
一般的に、客船には医務室というものがあり、医師や看護師の方が常に常駐するようになっています。
これは日本国内、国外を問わずそのようになっています。
医務室そのものも近代化されているため、いざ急病人が出たとしてもある程度までは処置ができるようになっているのです。
簡単な手術程度であれば可能な設備であるため、乗客のみなさんは安心して乗船できるということですね。

乗客を実際に診る場合、その多くは船酔いであったり、怪我や捻挫、風邪などの簡単なものが多く、薬や注射などで対処することが多いでしょう。
実際の業務として乗客の様子を診る場合には、このように簡単な処置を行うことが多いのが船医の特徴ですが、同時にケアをする必要があるのが“クルー”の存在です。
国内外でよく言われることですが、船医として実際に働いている方の多くは“船医として働く方の多くは、航海中、クルーの精神面におけるケア及びマネジメントがとても重要である”と述べています。

実際、船に長時間乗り続けている間は、プライバシーもほとんどない状態が続き、その上肉体的にもハードと言えるような仕事を続けることとなります。
家族と長い間離れることからホームシックに罹ってしまうケース、続く精神的なプレッシャーなどから気持ちが落ち込んだり、影響が体にまで及んでしまうケースもあります。
また、船上で妊娠が発覚してしまうクルーなども中にはいらっしゃいます。

こういった事情があり、客船に乗る船医は肉体的なケアのみながらず、メンタルに関するケア、つまりカウンセリングなども行うことが重要となります。
しかし、とてもやりがいを感じる魅力ある仕事と言えるでしょう。

船医になるために必要なこと

船医になるためには内科や外科、精神科などの幅広い専門知識を必要であり、相当のスキルや高い判断能力、語学力なども問われます。
また、客船自体の数が限られているため求人倍率も高く、なかなかお目にかかる機会はありません。
しかし、適切な人材として認められるような機会があれば、ぜひ一度働いてみたいと感じる医師の方はおおいのではないでしょうか。