注意しておきたいこと

2016年12月14日 11:44 AM

一般の航空運賃より大幅な割引を受けられるのが格安航空券です。
半額以下で購入できることも珍しくありませんし、費用の節約効果の大きさは魅力的だと思います。
でも、いくつか注意点があることをご存じでしょうか。

格安ならではの欠点もある

格安航空券は、単に割引率の高い航空券ではありません。
一般的な航空会社とは異なり、主にLCCが提供していることから、主にサービス面で制限が加えられているのです。
このため、利用する際はそれらも考慮した上で予約する必要があります。

払い戻しできない

一番のネックが払い戻しです。
一部を除きキャンセルや払い戻しができないため、もし利用を取りやめたい場合は注意が必要になります。
払い戻し可能なケースもありますが、運賃が割高になるので気を付けましょう。

手荷物預け入れが有料に

手荷物の預け入れが料金に含まれておらず、有料の場合がほとんどです。
また、重量に制限があるため、超えた場合は追加料金を請求されることがあります。
あらかじめ重量を計っておくか、荷物を少な目にしましょう。

機内食や飲み物が付いていない

これは人によりますが、機内食も有料サービスである点に注意しましょう。
格安航空会社によりますが、別料金を支払う必要があります。
特に長時間のフライトでは気を付けておきましょう。

遅延や欠航時の責任は自分で

もしフライトが遅延したり、欠航になってしまっても、格安航空会社の保証がないため、欠航により発生した宿泊費などは自己負担です。
オーバーブッキングの場合は除きますが、欠航時の対処も考えておく必要があります。
格安航空会社は責任を負わないので注意しましょう。

欠点も考慮しよう

格安航空券は、このようなデメリットも存在します。
人によっては大きな欠点となると思いますが、料金を安く設定しているため、しっかり考慮して利用を検討しましょう。
料金を取るかサービスを取るか、じっくり考えてから決めることをおすすめします。

≪ 前の記事: